読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きわめて個人的なお話し。

同人活動してる女のつぶやき。

最近の同人事情?

同人やめました - おとなになりたくなかった

さんの記事で私もあるある…と思ったことを書き連ねます。

以下は自分の事情を書いているだけです。元記事の方には心からお疲れ様と、どこかでまた作品を作りたい気持ちが出てきたら、ぼっちで作品うpし続けるだけっていう手もありますよと…思っております(実際ツイッター文化に疲れて、そこには触れず活動している人もそこそこいるようです)

 

私の場合は

急に大きなジャンルのカップリングに嵌まってしまったせいもありますが、

ツイッターで繋がっている同カプのフォロワーさんが

私以外の同カプ作品のことばかり最高だの理想だの言いまくり私をスルーするのがむかつくのでコイツを振り向かせてやろうと意地になって受けるネタや作風、上手くなる練習をしたりしてしばらく創作していた後に

ぷつんと糸が切れたように「私何のために描いてるんだろう」ってなってしまいました。

 

その時の私は本当にそのジャンルに半依存状態でした。

反応をもらえるのが嬉しくてツイッターに貼り付いていて、同カプ者にスルーされたりフォローされない、本を手にとってもらえないのがつらくて仕方が無かった。ジャンルに自分は入らないんじゃ無いかと思い悩み、ちょっと構って要素があるツイートをしたことを今はとても反省しています。

 

でもそれではいけないと、ジャンル依存を脱しようと少し距離を置きました。

ツイッターを覗かない、他の作品を積極的に楽しむ、同人活動自体をあまりしないようにしました。リアル重視で、中高の友達など同人関係無い人間関係を楽しみました。

一方で、同人関係では

うけるものばかりおうのではなくて自分で描いていて楽しいものをかこう。

自分得なものを作る、それは自分のため。売れなくても構ってもらえなくても良い。

という意識を徐々に作っていきました。

そこまで距離を置いて創作ペースをゆっくりにしてやっと気持ちが落ち着いて活動できるようになりました。

 

元記事主様のように疲れ切ってしまう前に何とかギリギリ回避して続けていられるようモチベーションを保てていますが、あの頃そのまま突っ走ってしまったら同じように活動自体を休むことになっていたとおもいます。

 

---------------------------------------------------

イヤーでも本当にツイッターやばない?

そのカプ好きなフォロワーさんいるのにそれをdisっちゃうとか、きつい差別発言するとかかつらい。

リプ蹴りしたり、みんなに感想言うねといいつつ選んでたり、フォロワーさんの取捨選択を堂々と宣言されたりするのつらい。

 

地味にダメージ食らうのが、ジャンルカプ的にアカ分けしただけと思わせてアカ分けした先をフォローしたら、元アカで言えないような愚痴大会だったりするとめちゃくちゃしんどい。愚痴アカはフォローしないんだけど、フォローした後に愚痴アカ化されるのつらい。

 

記事元さんの「考察解釈は嫌われる」ってのは私の印象では考察し合いみたいな議論ぽいトークは余り出来ず、むしろ考察解釈と称したツイ大手とその周辺によるマウント取りが多い印象(自称変態が強いのもこのへん)なんですね…ツイッターのそういうとこマジ苦手で考察マウントしてるアカウントはブロックしました。

「私はこういう●●が好き/こういう●●だと私が喜ぶ」っていう体の考察ツイートには、中身がどうであれ嫌な気持ちはしない。